Blog

「無垢フローリングが反ったので張替えたら高かった」という他所で建てたお客さんの話

知人がハウスメーカーで家を建てたんですね。もうずいぶんと前の話ですが。
その知人がフローリングの床材に無垢の板を張ったそうなんです。キッチンにも張ったので、一部だけ反ってしまって危ないのと、変色もしてしまったから張り替えることになったそうです。ハウスメーカーの家なので、そのままハウスメーカーに問い合わせをして張替えを頼んだら「たった3枚のフローリング張り替えるのに15万もかかった」っていう話をされたので、いやまあ確かにちょっと高めなのかもなぁなんて思った次第です。

ハウスメーカーはとにかく高いのは確か。


出店:パナソニック フローリングより

張替えの具合やら範囲やら場所やらでそれなりに価格が違うのは確かなんですね。例えば張り替える場所を下見に行くのにだって往復で2時間かかるとして、そこから床の材質、床板の寸法、一旦はがして加工サイズ、下地の張替えが必要かなどの調査など1~2時間程度して、さらに事務所に戻って寸法おこして発注かけて、工場で加工して、周りの床材と色味が変わりすぎないようにオイルやらを慎重に選んで…なんてやっていればそこそこのコストがかかってくるのは確かです。そこに技術者を呼んで現場で張替えさせて、その確認とチェックを行う。まあ、3人工くらいかかるものだとしたら10万以上円かかっても仕方ないのかなという見方もできなくもないです。ただ、実際はハウスメーカーに関していえば、そこにマージンがプラスアルファされるので、一般的な工務店に直接依頼するよりも高くなってしまいます。

ハウスメーカーで建てた場合でも工務店に頼む方が良心的

実際ハウスメーカーで建てた家(実家)に住んでいた私から言わせていただければ、ハウスメーカーのリフォーム事業部はひどかった。通常の倍の値段を平気で見積もってきたので驚いたのを覚えています。また、こちらから工事をお願いするときは対応が早いのですが、雨漏りクレームの場合は対応がとにかくひどく半年以上放置することもありました。メーカーによって異なるかとは思いますが、あれを見てきたので私はハウスメーカーを信用できなくなってしまったのは確かですね。とはいえ、10年ほど前の話ですので、いまのハウスメーカーさんは分かりませんが。ちょっとした工事なんかは近所の工務店さんの方がよっぽどか良心的な感じは否めないですね。


2019.07.19 | Posted in メンテナンス, リフォーム |  

関連記事