Blog

「光冷暖」という新しい冷暖システム

ここ最近気になっている冷暖システムがある。「光冷暖」という全く新しい冷暖システムだ。これはエアコンに変わる次世代冷暖システムとして注目を集めている製品で「KFT株式会社」という企業が開発した製品だ。

無風なのに涼しい・暖かい、今までにない“空気感”

キャッチコピーからも分かるように、風が発生しないという点がエアコンとは全く異なる機能。無風であるがゆえに、不快感や乾燥といったデメリットが生まれない。はたしてどのように涼しくなるのかが正直興味をそそられるポイントである。

輻射熱を利用した冷暖システム

この「光冷暖」は、輻射熱を利用して室内を涼しく、温かくしていくらしい。輻射熱といえばデロンギが冬の暖房器具として「空気を汚さない暖房器具」の代名詞であったが、どうやらそれと同じ要領で室内の冷暖を調整するようである。ただデロンギはオイルを利用して室内を温かくするが、涼しくすることはできなかった。この「光冷暖」では管内に温めた・冷やした循環水を流すことで輻射熱を作るようだ。

オリジナルの壁天井材で効果を上げる

今までの冷暖システムは、その製品だけの力で居室の温度調節を行うものだったのに対し、「光冷暖」はオリジナルの壁天井材をもいいることで居室全体を冷暖システムにかえてしまうようだ。その分のコストが気になるところではあるが、風が発生しない、空気を汚さないというメリットを考えると最高の居心地よさを求めた居室を作りたい場合には適しているのかもしれない。

気になった点

無風で空気が汚れないという最高のメリットが目を引くが、日本には最強の敵である「湿度」がある。室内をカラッとさせたい場合に、この「光冷暖」がどの程度効果を発揮してくれるのかが見どころとなりそうである。幸いにも全国に体験モデルハウスも用意されているようなので、このジメジメした時期にサラリとできるのかを確かめておきたいところである。

光冷暖はこちらから


2019.08.08 | Posted in 住宅設備, 冷暖システム |  

関連記事