Blog

SE構法でお家を建ててよかったこと、わるかったこと

SE構法って何?

SE構法というのは、木造でありながら鉄骨のような強度と巨大なスパン(柱から柱までの間隔)を可能とする構法で、自由度の高い空間設計と耐震性能を併せ持った国が認めた新しい構法です。従来の木造在来工法では、筋交いという建物を横揺れから守るつっかえ棒が必要でしたが、SE構法では筋交いを必要とせず、木造でありながらラーメン構造(柱と梁のみで構成された門型の構造)で耐震性を有します。これは構造材の接合部に専用の金物を使用し、各部材をしっかりと固定し合うことで可能とします。各部材の大きさ(コスト)を抑えるために構造に耐力壁を設けますが、この耐力壁も在来工法の筋交いに比べ約2倍の強度を持ち、少ない壁量で部材のコストパフォーマンスと巨大な自由空間を確保します。

SE構法にしてよかったこと

SE構法で住宅を建ててよかったことは、それはもう数えきれないほどあります。在来工法に比べて絶対の安心感と、開放的な空間、思わぬランニングコストの軽減(SEパッシブによる空調機器の快適性)と、この家で暮らすことの満足感などです。上質な空間は、人の心も豊かにしてくれます。この空間に居られることの幸福感は、やはり何物にも代えられなかったと思います。

SE構法にしてわるかったこと

正直にもうしまして、今のところ見当たりません。しいて言えば、格安住宅(材料などをケチった住宅)に比べて割高というところですが、良いものはそれなりだと思います。

SE構法の魅力

ほとんど思い通りの空間が手に入るということが一番魅力的で、なにより今まで在来工法で煩わしかった邪魔な柱や壁をすべて無くすことができたというのがとてもありがたいですね。筋交いの壁が一つあるだけで、北側の部屋に明るさが届かず、暗くジメジメした印象はやはり誰からしても嫌なものですからね。
大きな吹抜けもまるで体育館のように開放的で幸福感を得られます。家に閉じこもっているという感覚はなく、むしろ庭との延長に居られる感じを受けますね。

おわりに

SE構法のお話をもっと聞いてみたい方は、お気軽にお問い合わせください。またデザイナーとのコラボ住宅「デザイナーズハウス」も好評です!


2018.07.15 | Posted in SE構法 |  

関連記事