Blog

平屋住宅のメリット

増えつつある平屋住宅

昨今では、「平屋住宅がおススメである」などのキャッチから、平屋住宅の需要が増えつつある。平屋住宅にすることで生まれるメリットや気を付けなければならないポイントなどを今回はまとめてみたいと思います。

平屋住宅にするメリット 1:耐震性

平屋住宅のメリットの一つに、地震に強いという点が挙げられます。高さがないため、横揺れでの構造材のたわみが少なく済み、2階の重量がないため、柱などにかかる重さの負荷が軽減されます。
また、屋根材を瓦などの重たいものにしないことによって、さらに建物の重さを軽くすることができ、大きな地震でも耐えることができると言えます。
さらにSE構法による耐震性能も加わりますと、ほぼ無傷に近い状態で大きな地震を耐えることができると考えられます。

平屋にするメリット 2:高齢者対策

介護センターなどの建物の多くがバリアフリーで階層の低いものが多いように、段差の少ない住宅は高齢者になった場合でも重宝します。
生活のすべてが1フロアで行えることで、仮に車いす生活になった場合にも不自由が少なく暮らすことができます。

平屋にするメリット 3:全室明るい

これはプランにもよりますが、平屋にすることで、すべての部屋がトップライト(屋根に窓を取り付けて光を取り入れる冊子)を設置することが可能で、これによって全室直接太陽の光を取り入れることが可能になります。従来北側の部屋は暗く、じめじめした印象が多かったものですが、平屋住宅にすることで、これらの欠点を克服することが可能になります。

平屋にするメリット 4:運動が可能?

プランにもよりますが、中庭を囲むように居室を配置することで、建物を一周する通路ができます。これによってちょっとした運動を室内で行うことができるようになります。リハビリや雨の日のウォーキングなど使い方は様々。プラン次第でお家の中が楽しくなります。

平屋にするメリット 5:避難が容易

火災や地震などで避難する際にも、平屋であればすぐに外へ出ることができますね。特に老後、身体が思うように動かなくなってから急いで非難するような場合には、このような平屋住宅であれば安心感が得られますね。

※ 平屋住宅における注意点

これまで平屋住宅のメリットを挙げてまいりましたが、平屋住宅にするためには注意点もいくつか必要になります。
◆ コストパフォーマンスが悪い:坪単価がぐんと上がります。
◆ 大きな敷地が必要:駐車場も合わせると建売用の敷地では難しい
◆ 回りに大きな建物があると不向き:光を取り入れにくい場合もあります
このように、大きな敷地で回りに大きな建物がなく、予算に余裕がある場合には、平屋建住宅を検討してみるのも良いかもしれませんね。


2018.08.18 | Posted in 住宅知識 |  

関連記事