Blog

住宅ローンの準備は3年前から

住宅ローンの審査基準を知る

住宅ローンを借りようとする際に、金融機関の方にチェックを受けます。このチェックにパスしなければローンを組むことはできません。では、どのような基準でチェックを行っているのかを見ていきましょう。

◆ 1:クレジットカードなどの確認

まず、クレジットカードを何枚持っていて、その支払い履歴、不払いがないかなどをチェックしていきます。これは個人の支払い信用を得るための情報で、クレジットカード履歴はあまりない方が有利です。またカードの数も少ない方が有利なようです。

◆ 2:身内の金融状況

例えば、親族に多大な借金を抱えた元社長や、ローン地獄に落ちてしまった兄弟などがいた場合、かなりの信用度が下がるそうです。実際に知り合いの方がそういった状況だったようで、ローンを組むのに親族以外の方の強い融資や担保がなければ借りられなかったと話していました。

◆ 3:勤続年数と年収

これは当たり前として認識されているローン基準ですが、あなたが何年その会社で働いていて安定した収入が得られているのか、また年収とローンの金額が見合っているのかなどをチェックします。転職を繰り返してきた方の場合、転職ごとに年収が上がっているのかもチェックされるようで、転職後にあまり年収が増えていない場合には不利に働くそうです。
また勤続年数は3年以上続いていることが一つの目安となっているようで、これを踏まえると、住宅ローンの準備は3年前からという基準になってくるようです。

◆ 4:健康状態

借り入れする方の健康状態は、支払い能力と同じく金融機関には大事なチェック項目です。持病によって会社を辞めざるを得なくなった場合に支払いができなくなってしまっては困ってしまうからです。

まとめ

いかがでしょうか?住宅ローンを考えている方は、3年以上前から少しずつ計画を練っていくと良いかもしれないですね。


2018.10.24 | Posted in 住宅知識 |  

関連記事